2017年9月26日火曜日

おもちゃ箱 イカロス

おもちゃ箱 イカロス
小淵沢の森の中にあるこだわりの小さなおもちゃ屋さん。

17坪の店内にはドイツのネフ社の積み木やボーネルンドを始め、世界の良質なおもちゃがぎっしりならんでいて見るだけでも楽しいです。(見本であそべるものもあります)
めーぷるにあるおもちゃとおなじものもいくつか見かけましたし、小淵沢在住の児童書作家杉山亮さんが作る「おはなし迷路」ポスターなども豊富に揃っています。
*イカロスにはトイザ◯スのようなお店にあるような、キャラクターものなどは全く置いてないです

オリジナルパズルやカードゲームの作者さんでもあるご主人とお話をしたところ、
あらあらびっくり。めーぷるの前身である「ペンションはあと」の頃に、泊まりに来て頂いたことがある、というご縁を知り、驚きました。

2017年9月19日火曜日

 清里フォトアートミュージアム

清里フォトアートミュージアム
めーぷるからだと車で10分くらい。牧場通りから施設看板に従いしばらく進むと森の奥にある美術館らしい大きな建物に到着。ここは日本最大の写真専門の国際美術館です。

ここは収集テーマがそもそも写真なので、基本現代美術寄りのため、小さなお子さんづれではなかなか足が向かないかもしれません。
が、夏休みなどには子供寄りのテーマの企画展が実施されることもあるので要チェックです(ちなみに小学生以下無料でした)。

 先日八ヶ岳のいきものをテーマにした

西村 豊「八ヶ岳 生きもの ものがたり」

にうちの子を連れて行った時には
エントランスに企画展にちなんだキッズ体験コーナーが設けられていたので展示を見た後もしばし楽しく過ごさせて頂きました。こちらの企画展は12月初めまで。館入り口横にある、屋外が映し出される大きなピンホールカメラにも子供達は興味津々でしたよ。

この他ミュージアムショップや作家さんの写真集も充実しています。館内トイレ入り口にはベビーベッドも設置。併設カフェがないのがちょっぴり残念ですが。。。

かつての清里には今以上にいくつも美術館があったのですが、こちらは今となっては貴重なご近所ミュージアムスポットの一つ。雨の日などにいかがでしょうか。ちなみに通常は火曜休館&冬季休館です。

2017年4月25日火曜日

道の駅南きよさと






JR小海線清里駅から車で約15分程にある
道の駅「南きよさと」南八ヶ岳花の森公園

4月上旬から5月上旬までの約1か月間は鯉のぼり数百匹が泳いでいて春の風物詩となっています。


名物の「信玄ソフト」350円はソフトクリームにきなこと黒みつ、そして山梨を代表する銘菓信玄餅3個がトッピングされていてソフトクリームと信玄餅の相性がいいのでおススメの一品です。

レストランや地元野菜等の直売所もあり、野菜はとても美味しいので地元の方や観光客にも人気があります。
リフトカー「こいのぼり号」で上に登ると変形自転車や農園での収穫体験や食品加工の体験などできる施設もあります。

芝生広場もあるので、ボール投げやバトミントンやサッカー等をして楽しむ事が出来ます。



敷地内の池には鯉やカモもいて、鯉に餌をあげたりも出来ます。(餌も販売してます200円)
うちの子どもはたまにパンの耳を持って行ってあげています。


毎年5月5日子どもの日には「鯉のぼり祭り」も開催され毎年 県内外からお祭りを楽しみに来る人がいるほど人気のお祭りです。特に田んぼでの競技は大人も子供と一緒に参加できるので 皆さん泥んこになりながら楽しんでいますよ。

http://www.alps-hs.co.jp/minamikiyosato.html道の駅 南きよさと